■プロフィール

すーすー

■カテゴリー
■ブログ検索

■リンク
■月別アーカイブ
■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■ブロとも申請フォーム
■RSSフィード
■追加!

Add to Google

My Yahoo!に追加

Subscribe with livedoor Reader

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
副鼻腔炎の治療:上顎洞穿刺洗浄法
上顎洞は、鼻腔への通路が上に向かって付いているため、膿が溜まりやすい構造です。
上顎洞穿刺洗浄法は、上から出なければ、たっぷり溜まった膿は、横から出してしまえば良い、という考え。
内服薬による治療が期待できなかった昔は、この穿刺洗浄法が効果を上げていました。年配の患者さんには、今も根強い人気があるようです。

とにかく手っ取り早く上顎洞の排膿が可能なことと、見た目よりも出血や痛みが少なく、小学生以上なら治療できるメリットがあります。デメリットは、穿刺ミスで他の部位を傷つけたり、思わぬ迷走神経反射によるショックの危険性。

どうも、針を刺すだけとはいえ、かなりのテクニックが必要とされるような気がしますね。穿刺が上手い先生は、評判が高かったと思います。

最近では、抗生物質の進歩やネブライザーの普及もあって、上顎洞の重い急性症状を除いて、この治療法を用いることは減って来ています。また、基本的に対症療法ですから、結局手術をしなければならない場合も多いようです。
現在、上顎洞穿刺未経験の若い医師も増えてきているとか。

穿刺洗浄のやりかたは、最初に下鼻道をキシロカイン麻酔し、下鼻道から上顎洞に向けて太い注射針(穿刺針)を貫通させます。ちなみに下鼻道の中央よりやや後方が、最も側壁が薄い部分らしい。
その後は、生理食塩水で上顎洞内を洗浄排膿し、抗生物質を注入することもあります。

穿刺洗浄の器具です。興味のある方はどうぞ。
http://www.meilleur.co.jp/goods/sinoject.html

また、鼻づまリンクさん経由で、当時大学生だった方の、上顎洞穿刺体験談を読むことができます。しかし、耳鼻科の備品に木槌があるとは思わなかったですよ。

鼻づまリンク
http://koduka.hp.infoseek.co.jp/
左側メニュー欄の下の方『闘病生活の全貌』
スポンサーサイト


治れ!蓄膿症 | 13:15:56 | Trackback(0) | Comments(3)
コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012-11-01 木 11:05:49 | | [編集]
副鼻腔穿刺
副鼻腔穿刺という治療法を行っている医院を探しています。

住まいが山梨なので、なるべく地元か近県、東京を希望しています。

どなたか紹介をお願いします。
2009-03-29 日 22:53:16 | URL | 村田 龍美 [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009-03-23 月 15:24:42 | | [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

アクセスアップ・SEO対策

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。