■プロフィール

すーすー

■カテゴリー
■ブログ検索

■リンク
■月別アーカイブ
■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■ブロとも申請フォーム
■RSSフィード
■追加!

Add to Google

My Yahoo!に追加

Subscribe with livedoor Reader

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
花粉症 大都市は地方の2倍
花粉症関連でNHKのニュース報道がありました。
すぐに消えてしまいますからメモっときます。

これは民間の調査会社「日本リサーチセンター」が、先月、全国の15歳から79歳までの男女2400人を対象に調査し、回答率は46%でした。その結果、「花粉症の自覚症状がある」と答えた人は25%でしたが、これを都市の規模別で見ますと、東京23区や大阪、名古屋などの政令指定都市では「自覚症状がある人」の割合は33%余りで3人に1人に上りました。ところが、人口が5万人以上15万人未満の都市では26%、5万人未満の都市では18%と、人口の規模が小さくなるにつれて「自覚症状がある人」の割合は低くなる結果となりました。これについて、花粉症に詳しい日本医科大学の大久保公裕教授は、「花粉の飛散量は地方都市で多く都会では少ないのに花粉症は都会で多いと言われている。調査ではこうした傾向がはっきりと出て、花粉症の原因に大気の汚れもかかわっていることを示す結果となっており、対策を考えるうえでも興味深いデータだ」と話しています。

NHKニュース04/19  12:25
スポンサーサイト


時事ネタ | 00:31:43 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

アクセスアップ・SEO対策

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。