■プロフィール

すーすー

■カテゴリー
■ブログ検索

■リンク
■月別アーカイブ
■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■ブロとも申請フォーム
■RSSフィード
■追加!

Add to Google

My Yahoo!に追加

Subscribe with livedoor Reader

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
免疫で“亜鉛”が重要な役割
人の体内に含まれる亜鉛は、味覚を正常に保ったり、生活習慣病を予防する役割を持つ重要な栄養素ですが、8月7日のNHKニュースによると、亜鉛が樹状細胞を活性化して免疫力を高めていたそうです。

亜鉛が樹状細胞をねえ・・・

免疫で“亜鉛”が重要な役割

人の体にわずかに含まれる元素の1つ「亜鉛」が、ウイルスなどの感染を防ぐ免疫の働きの中で重要な役割をしていることを大阪大学などの研究グループが明らかにし、将来、アレルギーの新たな治療法やがんワクチンの開発につながるのではないかと期待されています。


研究したのは、大阪大学医学系研究科の平野俊夫教授や理化学研究所などのグループです。グループでは、体の中にある亜鉛の量が少ない人の中に免疫の働きが弱くなっている人がいることに注目し、マウスを使って、免疫にかかわる「樹状細胞」という細胞で亜鉛の濃度を調べました。その結果、ウイルスなど免疫の刺激を受けると、細胞の中の亜鉛の濃度が変化して樹状細胞が活性化し、免疫の働きが高まることがわかりました。亜鉛はこれまで、体の成長や発達、それに味覚の働きなどにかかわっていることは知られていましたが、免疫で重要な働きをしていることを明らかにしたのは初めてです。研究グループの平野教授は「亜鉛を使って免疫をコントロールできれば、アレルギーを防ぐ新たな治療法やがん細胞を攻撃するワクチンの開発につながるのではないか」と話しています。この研究成果は7日に発行されるアメリカの科学雑誌「ネイチャー・イムノロジー」のインターネット版に発表されます。

Nature Immunology



亜鉛を含む健康食品は以前から出回っていますが、免疫力を高めるからといって、やみくもに摂取すると、急性中毒を起こしたり、銅や鉄の吸収を阻害するそうです。
肉・魚介・種実・穀類など、多くの食品に含まれているので、普通に食事をすれば問題はなさそうですね。

健康食品の安全性・有効性情報

スポンサーサイト
免疫とアレルギー | 13:26:19 | Trackback(4) | Comments(0)

アクセスアップ・SEO対策

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。