■プロフィール

すーすー

■カテゴリー
■ブログ検索

■リンク
■月別アーカイブ
■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■ブロとも申請フォーム
■RSSフィード
■追加!

Add to Google

My Yahoo!に追加

Subscribe with livedoor Reader

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
花粉症 大都市は地方の2倍
花粉症関連でNHKのニュース報道がありました。
すぐに消えてしまいますからメモっときます。

これは民間の調査会社「日本リサーチセンター」が、先月、全国の15歳から79歳までの男女2400人を対象に調査し、回答率は46%でした。その結果、「花粉症の自覚症状がある」と答えた人は25%でしたが、これを都市の規模別で見ますと、東京23区や大阪、名古屋などの政令指定都市では「自覚症状がある人」の割合は33%余りで3人に1人に上りました。ところが、人口が5万人以上15万人未満の都市では26%、5万人未満の都市では18%と、人口の規模が小さくなるにつれて「自覚症状がある人」の割合は低くなる結果となりました。これについて、花粉症に詳しい日本医科大学の大久保公裕教授は、「花粉の飛散量は地方都市で多く都会では少ないのに花粉症は都会で多いと言われている。調査ではこうした傾向がはっきりと出て、花粉症の原因に大気の汚れもかかわっていることを示す結果となっており、対策を考えるうえでも興味深いデータだ」と話しています。

NHKニュース04/19  12:25


スポンサーサイト
時事ネタ | 00:31:43 | Trackback(0) | Comments(0)
スギ花粉が増えた理由
『鼻の健康についてあれこれ』に“スギ花粉が増えた理由”を掲載しました。

家庭でできる鼻のケア:スギ花粉が増えた理由


戦後の日本は、世界に類を見ない経済復興を遂げましたが、高度経済成長がもたらしたのは恩恵だけではなかったようです。

などと今だから言えますが、私が当時山を持っていたら、マスコミに煽られて杉の木を植えまくっていたでしょうね。
都会で家を建てようとしていたら、もっと木を切れ!丸太の輸入を増やせ!ぐらいのことを言っていたと思います。
スギ花粉症の情報なんて、どこにも無かったでしょうしね。多分誰も知らなかった。

もちろん、知らなかったで済ませられることではありませんが、日本の花粉症は起こるべくして起こった事態なのでしょう。

どのようなかたちであれ、大きく自然を変えようとするならば、人間の理屈が通用しない可能性も考慮すべきなんでしょうね。

私は信仰心が薄い人間ですが、世の中には人知を越えた存在というものがあるのだろうと思いました。それは植物かもしれませんし微生物かもしれない。

江戸時代の頃までは、このあたりをわきまえていた人々が多かったようですが。


その他の鼻情報・健康関連 | 19:47:12 | Trackback(0) | Comments(0)
私の湿潤療法体験
“元旦に指を切った話”にもう一つ、アテローム(粉瘤)を切開した時の話を追加して、『鼻の健康についてあれこれ』に掲載しました。

私の湿潤療法体験

化膿した粉瘤を麻酔無しで切開したのですが、後で調べてみたら形成外科などでは局所麻酔をして切開している所もあるそうです。

もし麻酔が効くなら、して欲しかった・・・。もの凄く痛かったのに。

指を切った話にはイラスト図解を入れました。全然グロくありませんが、迫力もありません。

その他の鼻情報・健康関連 | 19:20:05 | Trackback(0) | Comments(0)

アクセスアップ・SEO対策

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。