■プロフィール

すーすー

■カテゴリー
■ブログ検索

■リンク
■月別アーカイブ
■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■ブロとも申請フォーム
■RSSフィード
■追加!

Add to Google

My Yahoo!に追加

Subscribe with livedoor Reader

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
画期的な“内視鏡手術用ナビゲーション装置”を開発
11月の読売新聞サイトに「蓄のう症「手術ナビ」開発、内視鏡の位置表示」という記事が掲載されました。

蓄のう症「手術ナビ」開発、内視鏡の位置表示

 蓄のう症などの治療で鼻の奥を内視鏡で手術する際、手術器具の位置をカーナビのように的確に画像表示する「手術ナビゲーション装置」を浜松医科大などのグループが開発した。脳などを傷つける手術ミスを防ぐことができる。


 近く臨床試験に入り、数年内の製品化を目指す。胸や腹部にも使えるナビ装置の開発も試みる。

 副鼻腔(びくう)は、鼻の奥の骨にある空洞部分で、粘膜が炎症を起こして空洞と鼻をつなぐ穴がふさがると、ウミがたまって蓄のう症になる。鼻の穴から内視鏡を入れ、副鼻腔につながる穴を広げる手術が一般的だが、脳や目、視神経に近い部分なので、内視鏡の操作を誤ると、重大な医療事故につながる。

 新開発の装置は、特殊カメラと、コンピューター断層撮影装置(CT)を組み合わせ、手術を受ける患者の頭部を立体画像で表示。内視鏡の先端がどこにあるのか、1・5ミリ以内の誤差で確認できる。手術中に患者が動いた場合も、自動的に画像が修正される。

(2006年11月18日23時24分 読売新聞)



副鼻腔のナビゲーションシステムなら、すでに実用化されているんじゃなかったの?
まとめサイトにも書いてるし・・・

と思ったら、非常に使いやすいナビゲーションシステムが開発されたのだそうです。

従来の装置は、主に脳神経外科手術を対象にした外国製で、高価でありながら位置合わせに15分もかかり使いにくいため、大きく普及を妨げていたとのこと。

今回、静岡大学、浜松医科大学と地域の開発型企業等との連携による知的クラスター創成事業「浜松オプトロニクスクラスター」が開発した内視鏡手術用ナビゲーション装置は、従来の手術ナビゲーション装置の欠点を補い、従来は15分かかっていた位置合わせが自動化され、3分に短縮されています。

また、手術中に患者を動かしても自動的に位置合わせを修正して、患者の動きに追従できる機能が搭載されていて、この機能は従来のナビゲーションにはない画期的なものなのだそうです。

まだ試作段階ですが、実用化されれば、耳鼻咽喉科に限らず、脳神経外科、口腔外科、形成外科など頭頚部(とうけいぶ;首から上の身体の総称)の手術に適応できるそうです。

浜松オプトロニクスクラスター:プレスリリース


一昔前までは面の皮を引っ剥がしていた?恐怖の蓄膿症手術も、近い将来には全く怖くない手術になるかもしれませんね。


ちなみに、最近では胃の内視鏡検査も鼻から入れるようになってきたそうで、胃カメラ経験者としては、実に喜ばしいことです。
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/medi/saisin/sa472601.htm


スポンサーサイト
治れ!蓄膿症 | 23:59:36 | Trackback(2) | Comments(10)
まとめサイト更新情報2/10
まとめサイト『鼻の健康についてあれこれ』>“蓄膿症の治療法”の各ページ内容を修正、情報および参考リンクを追加しました。

「ムコダイン」は「ムコダインとムコソルバン」に改題、「クラリスとルリッド」ページを追加。

ページの参考リンクを増やしたので、多少情報が得やすくなったかも。


まさか歯のプラークが虫歯菌のバイオフィルムだったとは知りませんでしたが、それどころか、花瓶や排水溝のヌルヌルも細菌が作ったバイオフィルムだそうです。身近な所にバイオフィルムがあるんですね。



治れ!蓄膿症 | 19:06:10 | Trackback(0) | Comments(0)
まとめサイト更新情報2/8
まとめサイト『鼻の健康についてあれこれ』>蓄膿症の治療法の「クラリスロマイシン」を情報追加してページを分けました。「マクロライド系抗生物質」と「バイオフィルム破壊」です。

きちんと歯を磨かないと、虫歯菌がバイオフィルムをつくって虫歯になるそうですが、鼻から黄色い鼻水が出る場合は、鼻の穴を磨くわけにもいかないので、抗生物質を使ってバイオフィルムを壊します。


また、歯のプラークは虫歯菌の作るバイオフィルムだそうですが、それどころか、花瓶や排水溝のヌルヌルも細菌が作ったバイオフィルムとか。身近な所にバイオフィルムがあるんですね。

治れ!蓄膿症 | 19:49:08 | Trackback(0) | Comments(0)
まとめサイト更新情報2/4
まとめサイト『鼻の健康についてあれこれ』に「馬油」を追加しました。

また、鼻うがいの内容を追加修正して、「医師の場合」「ヨガの場合」に分けました。

馬油のページにはドライスキンへの対処なども追加しましたので、肌荒れに困っている方も覗いてみてください。

鼻うがいのページは主にヨガのネティについての情報追加です。
洗浄器を使わない鼻うがいはヨガのやり方が一般的のようですね。

医師と一般では評価が大分異なる鼻うがいですが、ヨガの世界ではうがいどころではなく、鼻にひもを通してゴシゴシと・・・。

ヨガは奥が深いです。


治れ!蓄膿症 | 02:25:13 | Trackback(0) | Comments(0)
鼻のかみ方
鼻を調べる時、頻繁にお世話になっているサイトの一つに『耳鼻科50音辞典』があります。

まさか鼻のかみ方なんてないだろう、と思っていたら、ありました。
このサイト凄すぎです。

片方の鼻の穴を横から押えて片方完全に閉じて、その空いた片方を奥から(つまり奥は自然孔から副鼻腔につながっています)鼻水を送り出すようにかむといいでしょう。

両方一緒に強くかむと耳管狭窄のもとになります。耳が響く、痛いなどがあります。鼓膜が引っ込んでしまうのですね。あまり、いいかみ方ではありません。


私が鼻をかみまくっていた頃は、大抵片方が詰まっていましたから、両方一緒にかむということはあまりなかった、というより、できませんでした。
でも、片方だけでも勢いよくかむと、耳がキーンとしたり鼓膜がペコッとしたりするので、さすがにヤバイと思うようになって、だんだん慎重にかむようになったような気がします。

鼻をちーんとかむ、というより、じわっと奥の鼻水(これが副鼻腔の鼻水で、鼻の中というより鼻の横の鼻翼の奥にあるようなところ)を片方ずつ送り出す、と言う感じでしょうか。



そうそう、そんな感じで、ずぴっずぴっとやっていました。
でも、出ない時は出ないんですよね。だんだんむかっ腹が立ってきて、ずぴーー、とやって耳がキーン。

http://homepage1.nifty.com/jibiaka50/hanakamikotu.htm

治れ!蓄膿症 | 23:50:32 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

アクセスアップ・SEO対策

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。