■プロフィール

すーすー

■カテゴリー
■ブログ検索

■リンク
■月別アーカイブ
■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■ブロとも申請フォーム
■RSSフィード
■追加!

Add to Google

My Yahoo!に追加

Subscribe with livedoor Reader

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
手術しないで蓄膿症を治した・・・
私の蓄膿症がいつ治ったのかは、『病院から戻って』に書いた通り、今となっては分かりません。なにしろ鼻水鼻汁鼻づまりは日常茶飯事で、どうにも我慢できなくなると、普通病院に行くべきところを、漢方薬局に行っていましたから、証拠が無い。

鼻が原因と思われる頭痛、頬の痛み、肩こり等もあったかもしれませんが、元々、ハンマーで殴られるぐらい痛まないと、病気とは認めない人間なので、全然気にしていませんでした。
自己の健康管理意識は皆無に近いです。最低。

今思えば、我慢せずに病院に行ったとしても、マクロライド系抗生物質や内視鏡手術が開発されていた90年代なら、“面の皮ぺろん”なんて事態にはならなかったでしょうが、鼻関係の医学が、こんなに進歩しているなんて、知らなかったしなあ。

ちなみに全盛期の鼻汁の状態を説明すると、カスタードクリームによく似た色と粘度の物体が、ティッシュ上7~8cm四方にべっとりと付いていました。量は、レギュラーサイズの安っぽいシュークリームよりも、やや多めでしたかね。(←露骨すぎ)
ティッシュは大体二~三枚重ねにしないと、破れる危険性もありましたな。

今回馬油を試す直前の鼻は、もちろん全盛期程ではなかったです。
しかし、これまでの失敗をやっと学習し、敵を勢いづかせる前に、まず先手を撃とうと考えたのですね。それで、馬油軍が善戦してくれたので、よし、やみくもに戦っていても時間がかかる、敵の勢力を知らねば。

と勢い込んで病院に行ったら、敵は副鼻腔戦線から跡形も無く撤退していたという。。。


さて、今後鼻炎の完治を目指すならば、禁煙がてっとりばやいのですが、どうしようか。
せっかく蓄膿症について調べてきて、自分でも少し面白くなってきたのに、禁煙ブログに鞍替えってのもなあ。
まあ、馬油もまだあるし、禁煙する前に、しばらく馬油で様子を見てみようかと。(←往生際が悪い)

スポンサーサイト
馬油と鼻の日々:通院編 | 00:54:20 | Trackback(0) | Comments(0)
通院日:CT&アレルギー検査結果発表
CTの画像を見た先生、

「蝶形骨洞きれいだよ。真っ黒」

副鼻腔に膿があると、X線写真では白~灰色に写ります。
インターネットや本で調べても、蝶形骨洞がどんな形をしているのか、よく分かりませんでしたが、なんか楕円形っぽい穴が、前から見ると顔の中央、鼻の真後ろ側に、ぽっかり開いていました。
なるほど確かに黒い。

「アレルギーも全部陰性。問題無し。もっとも血液検査で問題が無くても、絶対にアレルギーが無いとは言い切れないんだけどね。」

じゃやっぱり、鼻炎ですか?

「うん。あんたの場合は鼻粘膜の炎症が慢性化しちまってるからね。」

肥厚性?

「違うっつの。どこでそんな知恵つけてくるんだよ、もう。」

病名は、慢性の鼻炎で確定しました。
いや、最初の先生の診断を疑っていた訳では無いのですが、なにしろ中学生の頃からですから。やっぱり、この目で、全ての副鼻腔を、確かめたかったんです。はい。

しかし、昔出ていた、あの、がっつりとした黄色い鼻汁も鼻炎によるものだったのだろうか?

「鼻炎でも、黄色い鼻汁が十年以上続くことあるよん。」

ありますか。うーむ。ところで鼻炎の原因なんですが。。。

「タバコ吸うんだっけ?吸う。じゃ原因は そ れ だ。」

あら。

「ま、膿も殆ど出てないし、こないだの治療で副作用っぽい症状が出たってことだから、薬はもういいでしょ。軽症につき当分様子見ってことで。つーかこれ以上何とかしたかったら、タバコやめれ。」

ぐうの音も出ません。


ということで、『手術しないで蓄膿症を治したい-手術編』を期待されていた方々には、大変申し訳ないのですが、全ての副鼻腔はきれいになっていました。
ブログネタとしてはつまらなくなりましたが、ほっとしました。うれしいです。

三十年近くかかって、やっと副鼻腔の無罪が確定した気分。

馬油と鼻の日々:通院編 | 00:46:53 | Trackback(0) | Comments(0)
クラリシッド&ムコダイン+馬油:十一日目 通算45日目
今日は朝の後鼻漏が多かったです。一昨日が少なかった分、まとめて出たような感じです。
まあ、少し前までは、毎日これぐらい出ていたのですから、少しずつ改善されていると、思いたい。
一日おきが二日おきになって・・・完治してほしいです。

ところで、私の顔は吹き出物が出来やすい性質で、特に口の周りに出来たぽつぽつが、頻繁に化膿します。

で、馬油を鼻に塗ると、どうしても鼻の周囲にもつくので、ティッシュで拭いたりするのですが、ティッシュだけだと、鼻の下の、てかてかが取れないんですね。
しょうがないので、そのまま手の甲で、ごしごし拭いたりしています。
吹き出物に加え、行儀まで悪いです。

ふと気が付いたのですが、馬油を使い出した頃から、吹き出物が出ていません。
よく分かりませんが、何か得した気分です。

吹き出物にも効いているのか?ヒノキ香料入馬油。
ケンコーコムでは1個:1,879円
馬油専門店ソンバーユCLUBの木曜日価格は1,680円

馬油と鼻の日々:通院編 | 00:27:02 | Trackback(1) | Comments(0)
クラリシッド&ムコダイン+馬油:九日目 通算43日目
今日の自鼻の状況はかなり良かったです。朝は片方がやや鼻づまりですが、すぐ治りました。しばらくして後鼻漏がありましたが、透明な鼻水に黄色いのが少し混じる程度。
昼間は殆ど鼻水は出なかったです。日によって黄色い鼻汁の量は増減しますが、少しずつ減って来ているようです。
今日は殆ど憶えていないぐらい、気にならなかった。

一週間前、馬油を再び使いはじめた時に、やや後鼻漏が増えたのですが、あれから少しずつ減少してきているので、抗生物質だけでなく、馬油の併用も効果をあげているのかもしれません。

先日馬油の本について書きましたが、マッサージと併用すると効果的とのことでしたので、鼻のマッサージが何かないかと探したら、ありました。

ファン鍼灸ネット
http://www.fun49.net/useful/nose.html

馬油が手元にあれば、指に付けて鼻を指圧すると良いかもしれません。

現在はヒノキ香料入馬油を使用中。
ケンコーコムでは1個:1,879円
馬油専門店ソンバーユCLUBの木曜日価格は1,680円

馬油と鼻の日々:通院編 | 01:19:59 | Trackback(0) | Comments(0)
クラリシッド&ムコダイン+馬油:四日目 通算38日目
自鼻の状況です。目立った変化はありません。
朝の鼻閉はまだありますが、回復は早いです。
後鼻漏もあります。昨日、今日と黄色い鼻汁はやや多め。もっとも、多いといっても一ヶ月前に比べると、かなり少量ですが。
雨で気温が低いので、その影響もあるかもしれないし、馬油が関係しているのかもしれませんが、なにしろ目に見えないので、なんとも。

今日気がついたことは、何か食べた後に、鼻汁が出やすいような気がします。以前もそうだったのか、ちょっと思い出せません。
原因は分かりませんが、もし膿が溜まっているのなら、出ないよりは出た方が良いと思う。


CT撮りました。
病院の撮影室でベッドに横になると、自動的に丸い穴の中に頭が入って、そのまま断面撮影。仰向けとうつ伏せ、二回撮りました。約十分で終了しました。結果は次回通院日のお楽しみ。楽しくはないですが。

現在はヒノキ香料入馬油を使用中。
ケンコーコムでは1個:1,879円
馬油専門店ソンバーユCLUBの木曜日価格は1,680円

馬油と鼻の日々:通院編 | 23:38:03 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad

アクセスアップ・SEO対策

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。