■プロフィール

すーすー

■カテゴリー
■ブログ検索

■リンク
■月別アーカイブ
■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■ブロとも申請フォーム
■RSSフィード
■追加!

Add to Google

My Yahoo!に追加

Subscribe with livedoor Reader

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
まとめサイト更新情報3/6
体験談にコメントを追加した改訂版をまとめサイトに掲載しました。

コメント追加のために最初から読み返してみると、いやー恥ずかしいですね。日記を書く習慣が無くて、つくづく良かったと思いました。

澱んだ雰囲気で始まった鼻日記が、蓄膿症完治の診断を受けたころからは明るくなりますが、だんだん面倒になって投げやりになったようです。

よくあることですね。

まとめサイトの方は文字サイズ可変なので、多少は読みやすいかと思います。お暇な方は覗いてみてください。

馬油と鼻の日々:開始編
馬油と鼻の日々:通院編
馬油と鼻の日々:様子見編
漢方と鼻の日々
鼻腔拡張テープ体験

スポンサーサイト
馬油と鼻の日々:開始編 | 01:35:40 | Trackback(0) | Comments(2)
馬油十八日目 半月を過ぎて
馬油を使いはじめて半月以上経過しました。
今日の自鼻の状況は、夕方から夜にかけて鼻づまりもなく鼻水も出ない、気持ちの良い時間でした。
少しずつ鼻が詰まらない時間が増えているような気がしますが、朝はまだ黄色い鼻汁が出ています。後鼻漏です。今まで当たり前のように思っていましたが、普通は喉に鼻汁が落ちたりしないのね。

喉に落ちるといえば、液状タイプはクリームタイプより落ちるのが速いので、最近は一日5~6回に分けて、少しずつ注入しています。貧乏性なので、鼻に付かない分がもったいない。


馬油と梅雲丹の研究には、約半月後に膿が止まった後に四、五日ぐらい出血すると書いてあるので、今週か来週あたりに鼻血が出るらしいです。。。本当に出るのだろうか(←まだ半信半疑)
しかし出血ったってなあ。副鼻腔が感染すると、粘膜にぱっくり傷口が開くのだろうか?

現在は液状タイプを使用中
ケンコーコムだと1,554円です。
タイプによっては馬油専門店ソンバーユCLUBがお得な場合もあります。

馬油と鼻の日々:開始編 | 23:52:35 | Trackback(0) | Comments(0)
馬油十六日目 病院嫌い
自鼻の状況です。
最近は黄色い鼻水が多量に出るのは朝の寝起きぐらいだったのですが、昨日は昼間も出ていました。鼻も両方詰まり気味。
また元に戻ったのか、とがっかりしていたのですが、今日はなぜか寝起きから具合が良いです。起きた時は左鼻が少し詰まり気味だったですが、三十分もすると両方の鼻が通ってきました。不思議だ。。。一進一退ならぬ二進一退という感じです。

今でも耳鼻科には行きたくないです。
初めて行ったのは、確か小学三、四年頃でした。どこが悪かったのかは憶えていないのですが、綿棒の長い奴で鼻の中に薬を塗られて、それが痛いの痛くないのって。思い出すだけで寒気がします。
後に蓄膿症の治療でさんざん塗られましたが、この綿棒(の長いやつ)と『ヘ』みたいな形の吸引器(鼻水を吸い取るやつ)は、いつまでたっても慣れなかったです。
医者は手加減なんかしませんから、無造作に突っ込まれる度に

「い」

声が出て、体が反り返っていました。
そーっとやってくれていれば、今のような医者嫌いにならずに済んだのに。

まあ、患者の都合にあわせて手加減なんかしていたら、数をこなせず商売上がったりな訳で、仕方ないと言えばしかたがないのですが。

あと治療が終わった後の鼻うがいも嫌でした。なんか鼻の中だけじゃなくて耳まで水が廻っているような気がしました。確か耳鼻科に何回か通った後、中耳炎になったこともあります。
今となっては鼻うがいが原因だったかどうかは分かりませんが、また耳鼻科通いをすることになったことだけは憶えています。なので、どうにも良い印象が無い。

使い方さえ気をつければ、鼻うがいは症状を緩和できるので、試す価値はあるようです。
鼻*鼻.comさんの鼻特集に、やり方も書いてあります。

でも、やっぱりやだ。

現在は液状タイプ使用

馬油と鼻の日々:開始編 | 17:56:12 | Trackback(0) | Comments(0)
馬油十四日目 もしや肥厚性?
鼻の状況は十一日目とほぼ同じ、といったところです。
昼間のティッシュ、というかトイレットペーパー使用量は、馬油を試す前に比べると明らかに減っています。これで朝の鼻づまりさえ解消すれば、完璧なんですがね。


それはそうと、先日血管運動性鼻炎について調べていたのですが、あるサイトに気になる解説がありました。つまり血管運動性鼻炎になると『寝ていて低い位置になった方の鼻粘膜が鬱血して鼻づまりを起こし寝不足になりやすい』ということらしい。

そうなんだよね。右向くと右が詰まって、左向くと左が詰まるんだよ、嫌だよね。

思わず共感しました。

そうそう、今まではてっきり、鼻汁が右から左へと流れていると思ってたんだけど、鼻がつまるのは粘膜の血管が腫れるってことなんだ、、、って。
ということは私、蓄膿だけじゃなくて、血管運動性鼻炎もしくは肥厚性鼻炎も患ってるのですかっ?

このブログを立ち上げて蓄膿症について色々勉強した成果を、実感しました。私は鼻について、大分理解が深まったようです。とか言って喜んでる場合じゃないか。。。

絶対行きたくはないが、久しぶりに病院で自鼻の状況を確かめることも、選択肢に入れねばなるまい。

現在は液状タイプ使用

馬油と鼻の日々:開始編 | 20:25:44 | Trackback(0) | Comments(0)
馬油十一日目 こんどは液状です
馬油を使い切ったので、新しく購入しました。
今度は液状タイプとヒノキの香り付きタイプをネットまとめ買い。

ケンコーコムだと液状タイプ1,554円ヒノキ香料入り1,879円です。

他に安いショップがないか調べていると、ソンバーユCLUBという馬油と梅雲丹(梅から作った健康食品)専門ショップを発見しました。こちらは液状、ヒノキ共に2,100円ですが、三個買うと二割引になります。ケンコーコムより少し安いですかね。
今回の買い物は馬油だけなので、馬油専門店ソンバーユCLUBで購入しました。

今後の方針は、他に買い物がある時はケンコーコム、馬油オンリーならソンバーユCLUBで行きます。選択肢があるのは良いことだ。うむ。

とりあえず液状馬油から試します。

便利ですね、これ。
ビンがプラスティックで柔らかいので鼻に当てて押すと簡単に注入できるので、手や鼻の周りに付かないです。手間いらず。
ただ、油といっても水と同じぐらいさらさらなので、あっという間にのどまで流れてしまう。ちゃんと鼻の粘膜にくっついているのか、やや不安が残ります。
てか、くっついてほしいです。

馬油は本来化粧品なので、一応化粧品としての感想なども。

ほんの少しつけるだけで、両手いっぱいまで伸ばせます。手を鼻につけると微かに馬油の匂いがしますが、つけなきゃ分からない。鼻が悪いのに言うのもなんですが、これは好みでしょうね。
きっと冬場に手が荒れやすい人は、便利なんじゃないですかね。
個人的には、食べても無害ってのがポイント高いです。

さて鼻の状況ですが、馬油使用以前と比べて、昼間は鼻水減ってます。鼻をかんでも、右は殆ど出ない。左も黄色いブツは出たりでなかったりで、量も少ない。
これは馬油の効果だと思いますね。

ただ、朝起きた時の鼻づまりは、まだ続いてます。鼻をかむと黄色いのが出ます。
量は少し減ってきているような気もしますが、うーん微妙。

馬油と鼻の日々:開始編 | 20:05:08 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad

アクセスアップ・SEO対策

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。