■プロフィール

すーすー

■カテゴリー
■ブログ検索

■リンク
■月別アーカイブ
■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■ブロとも申請フォーム
■RSSフィード
■追加!

Add to Google

My Yahoo!に追加

Subscribe with livedoor Reader

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
画期的な“内視鏡手術用ナビゲーション装置”を開発
11月の読売新聞サイトに「蓄のう症「手術ナビ」開発、内視鏡の位置表示」という記事が掲載されました。

蓄のう症「手術ナビ」開発、内視鏡の位置表示

 蓄のう症などの治療で鼻の奥を内視鏡で手術する際、手術器具の位置をカーナビのように的確に画像表示する「手術ナビゲーション装置」を浜松医科大などのグループが開発した。脳などを傷つける手術ミスを防ぐことができる。


 近く臨床試験に入り、数年内の製品化を目指す。胸や腹部にも使えるナビ装置の開発も試みる。

 副鼻腔(びくう)は、鼻の奥の骨にある空洞部分で、粘膜が炎症を起こして空洞と鼻をつなぐ穴がふさがると、ウミがたまって蓄のう症になる。鼻の穴から内視鏡を入れ、副鼻腔につながる穴を広げる手術が一般的だが、脳や目、視神経に近い部分なので、内視鏡の操作を誤ると、重大な医療事故につながる。

 新開発の装置は、特殊カメラと、コンピューター断層撮影装置(CT)を組み合わせ、手術を受ける患者の頭部を立体画像で表示。内視鏡の先端がどこにあるのか、1・5ミリ以内の誤差で確認できる。手術中に患者が動いた場合も、自動的に画像が修正される。

(2006年11月18日23時24分 読売新聞)



副鼻腔のナビゲーションシステムなら、すでに実用化されているんじゃなかったの?
まとめサイトにも書いてるし・・・

と思ったら、非常に使いやすいナビゲーションシステムが開発されたのだそうです。

従来の装置は、主に脳神経外科手術を対象にした外国製で、高価でありながら位置合わせに15分もかかり使いにくいため、大きく普及を妨げていたとのこと。

今回、静岡大学、浜松医科大学と地域の開発型企業等との連携による知的クラスター創成事業「浜松オプトロニクスクラスター」が開発した内視鏡手術用ナビゲーション装置は、従来の手術ナビゲーション装置の欠点を補い、従来は15分かかっていた位置合わせが自動化され、3分に短縮されています。

また、手術中に患者を動かしても自動的に位置合わせを修正して、患者の動きに追従できる機能が搭載されていて、この機能は従来のナビゲーションにはない画期的なものなのだそうです。

まだ試作段階ですが、実用化されれば、耳鼻咽喉科に限らず、脳神経外科、口腔外科、形成外科など頭頚部(とうけいぶ;首から上の身体の総称)の手術に適応できるそうです。

浜松オプトロニクスクラスター:プレスリリース


一昔前までは面の皮を引っ剥がしていた?恐怖の蓄膿症手術も、近い将来には全く怖くない手術になるかもしれませんね。


ちなみに、最近では胃の内視鏡検査も鼻から入れるようになってきたそうで、胃カメラ経験者としては、実に喜ばしいことです。
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/medi/saisin/sa472601.htm


スポンサーサイト
治れ!蓄膿症 | 23:59:36 | Trackback(2) | Comments(10)
免疫で“亜鉛”が重要な役割
人の体内に含まれる亜鉛は、味覚を正常に保ったり、生活習慣病を予防する役割を持つ重要な栄養素ですが、8月7日のNHKニュースによると、亜鉛が樹状細胞を活性化して免疫力を高めていたそうです。

亜鉛が樹状細胞をねえ・・・

免疫で“亜鉛”が重要な役割

人の体にわずかに含まれる元素の1つ「亜鉛」が、ウイルスなどの感染を防ぐ免疫の働きの中で重要な役割をしていることを大阪大学などの研究グループが明らかにし、将来、アレルギーの新たな治療法やがんワクチンの開発につながるのではないかと期待されています。


研究したのは、大阪大学医学系研究科の平野俊夫教授や理化学研究所などのグループです。グループでは、体の中にある亜鉛の量が少ない人の中に免疫の働きが弱くなっている人がいることに注目し、マウスを使って、免疫にかかわる「樹状細胞」という細胞で亜鉛の濃度を調べました。その結果、ウイルスなど免疫の刺激を受けると、細胞の中の亜鉛の濃度が変化して樹状細胞が活性化し、免疫の働きが高まることがわかりました。亜鉛はこれまで、体の成長や発達、それに味覚の働きなどにかかわっていることは知られていましたが、免疫で重要な働きをしていることを明らかにしたのは初めてです。研究グループの平野教授は「亜鉛を使って免疫をコントロールできれば、アレルギーを防ぐ新たな治療法やがん細胞を攻撃するワクチンの開発につながるのではないか」と話しています。この研究成果は7日に発行されるアメリカの科学雑誌「ネイチャー・イムノロジー」のインターネット版に発表されます。

Nature Immunology



亜鉛を含む健康食品は以前から出回っていますが、免疫力を高めるからといって、やみくもに摂取すると、急性中毒を起こしたり、銅や鉄の吸収を阻害するそうです。
肉・魚介・種実・穀類など、多くの食品に含まれているので、普通に食事をすれば問題はなさそうですね。

健康食品の安全性・有効性情報

免疫とアレルギー | 13:26:19 | Trackback(4) | Comments(0)
花粉症 大都市は地方の2倍
花粉症関連でNHKのニュース報道がありました。
すぐに消えてしまいますからメモっときます。

これは民間の調査会社「日本リサーチセンター」が、先月、全国の15歳から79歳までの男女2400人を対象に調査し、回答率は46%でした。その結果、「花粉症の自覚症状がある」と答えた人は25%でしたが、これを都市の規模別で見ますと、東京23区や大阪、名古屋などの政令指定都市では「自覚症状がある人」の割合は33%余りで3人に1人に上りました。ところが、人口が5万人以上15万人未満の都市では26%、5万人未満の都市では18%と、人口の規模が小さくなるにつれて「自覚症状がある人」の割合は低くなる結果となりました。これについて、花粉症に詳しい日本医科大学の大久保公裕教授は、「花粉の飛散量は地方都市で多く都会では少ないのに花粉症は都会で多いと言われている。調査ではこうした傾向がはっきりと出て、花粉症の原因に大気の汚れもかかわっていることを示す結果となっており、対策を考えるうえでも興味深いデータだ」と話しています。

NHKニュース04/19  12:25


時事ネタ | 00:31:43 | Trackback(0) | Comments(0)
スギ花粉が増えた理由
『鼻の健康についてあれこれ』に“スギ花粉が増えた理由”を掲載しました。

家庭でできる鼻のケア:スギ花粉が増えた理由


戦後の日本は、世界に類を見ない経済復興を遂げましたが、高度経済成長がもたらしたのは恩恵だけではなかったようです。

などと今だから言えますが、私が当時山を持っていたら、マスコミに煽られて杉の木を植えまくっていたでしょうね。
都会で家を建てようとしていたら、もっと木を切れ!丸太の輸入を増やせ!ぐらいのことを言っていたと思います。
スギ花粉症の情報なんて、どこにも無かったでしょうしね。多分誰も知らなかった。

もちろん、知らなかったで済ませられることではありませんが、日本の花粉症は起こるべくして起こった事態なのでしょう。

どのようなかたちであれ、大きく自然を変えようとするならば、人間の理屈が通用しない可能性も考慮すべきなんでしょうね。

私は信仰心が薄い人間ですが、世の中には人知を越えた存在というものがあるのだろうと思いました。それは植物かもしれませんし微生物かもしれない。

江戸時代の頃までは、このあたりをわきまえていた人々が多かったようですが。


その他の鼻情報・健康関連 | 19:47:12 | Trackback(0) | Comments(0)
私の湿潤療法体験
“元旦に指を切った話”にもう一つ、アテローム(粉瘤)を切開した時の話を追加して、『鼻の健康についてあれこれ』に掲載しました。

私の湿潤療法体験

化膿した粉瘤を麻酔無しで切開したのですが、後で調べてみたら形成外科などでは局所麻酔をして切開している所もあるそうです。

もし麻酔が効くなら、して欲しかった・・・。もの凄く痛かったのに。

指を切った話にはイラスト図解を入れました。全然グロくありませんが、迫力もありません。

その他の鼻情報・健康関連 | 19:20:05 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

アクセスアップ・SEO対策

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。